熱しやすくて冷めやすいっていろいろ損してる感じがする

お酒や気に入った物、興味のある事を何気なく書いてます

京橋2軒目、定番「岡室酒店直売所」

さてさて、何度もお邪魔してます、そしていつ行ってもいっぱいでなかなか複数人では入りにくいお店でもあります

「岡室酒店直売所」今ちゃんの「実は・・・」でよく登場するこのお店、千鳥がロケするときに必ず来てるみたいですが、その時にいつも映る常連さんがこの日もしっかりといてました。

1軒目でまぁまぁおなかが膨れていることもありこちらでは名物の刺身盛り500円と瓶ビールをオーダー

f:id:yakinikujunkie:20171115085831j:plain

岡室のお得メニュー 刺身盛り合わせ

こうやって写真で見るとなにやらうまく撮れてましておいしそうですが、実は値段が500円だけあって、一切れがすこし小ぶり(これは来店時間帯にもよります)

あと盛り合わせがすこし雑(これも来店時間帯によります)

まぁそれでも破格の値段とおいしさですから文句は言えません

刺身をチビチビ食べながらビールをくいっと飲むと火曜日なのに金曜日気分で明日休みそうになります。

さて、ビールと刺し盛り合わせて1000円しないです

ごっそーさん

粕汁を求めて、、、、その2(まるしん)

さて、2件目にしてあっさり粕汁を味わっております。

これまた有名な京橋の「まるしん」ですね

さてこちらのお店、いつものごとくおひとり様で訪問したわけですが間口広い目横に長い店内ですがお客さんは店内の内壁に沿って走るカウンタでの立ち飲みスタイル

ガラスケースや柱?のおかげで立ち位置によってはかなり窮屈なお店です。

道に面した側がガラスの引き戸になっておりそこから出入りするわけですがこの日は結構満席でして、顔を突っ込んでキョロキョロしていると、一番いかつい目の長身のお兄さんが「横いけるよ~」と声をかけてくれました。

人は見かけによらぬもの、、、、

残念ながら柱が目の前にありまして店内の景色を見るには少し残念ですがこれも仕方がありません。

さてこのお店、webで情報みれば大体お分かりですが、とりあえずサービスとして小皿に小さなタコの天ぷらが2切れ、初見のお客には湯豆腐がサービスされます。

そいでもって目当ての粕汁がメニューにあるのを確認してから

「生ビール、刺身盛り合わせ、うなぎの肝焼き!」と渋めのチョイス

f:id:yakinikujunkie:20171115085846j:plain

生ビール!!

f:id:yakinikujunkie:20171115085928j:plain

刺身盛り合わせ

f:id:yakinikujunkie:20171115085942j:plain

うなぎの肝焼き

さて肴をつまみながらビールをぐびぐび飲みますとなかなか魅力てきなあてがそろっております

明石焼き」と言う出汁汁の中に出汁巻きが使っている感じのものや、茶わん蒸し、ホルモン焼き、やきとりなど王道居酒屋メニューがおいしそうですね

さて長っ尻はかっこ悪いのでビールのお代わりと粕汁をオーダーしました。

f:id:yakinikujunkie:20171115085819j:plain

粕汁!!!

さてこちらの粕汁、魚介の具は少な目で野菜が多いですが魚介出汁はがっつり効いてます、すこーし塩味がきつい目ですがお酒のあてと考えれば問題ないかと、、、、

粕汁の味と温かさに満足したのでお会計!

粕汁300円、うなぎの肝焼き250円、刺身盛り500円 生中410円×2 1870円ナリ

まぁそんなもんか、、、、という値段

ホワイティ探索、、、七ツ屋

さて大御所酒坊を通り過ぎて、ホワイティ梅田センターモール?まで行くと今度は泉の広場の方へ向かいますとありました。

「七ツ屋」いぜん朝酒でお邪魔したお店ですが、今回はちゃんと仕事帰りの一杯です。

さて、再度店構えを説明しますと間口は狭い目ですが暖簾をくぐると横に少し広がって奥行きのある大箱ですね。

奥行き手前1/3がテーブルが置いてありグループ客が陣取っています。

その先、奥までこの字カウンターで中が厨房になっています。

厨房の中は揚げ物、鮮魚、おでん、一品他いろんな料理があります。

さて私がここへ来た目的はおでんです。

f:id:yakinikujunkie:20171114124406j:plain

おでんとビール、最高の組み合わせ

おでんが比較的安いのに具がしっかりしていておいしいです

とりあえず生中とおでんのすじ・大根・厚揚げでぷは~

次にジャガイモを追加して、おまけに蒸し鶏梅肉も追加で生中をもう一杯

ぷは~

さてさてお会計 1100円しなかったと思います。

コスパいいですね~飲み物も安いし!

f:id:yakinikujunkie:20171114124408j:plain

飲み物メニュー

 

粕汁を求めて、、、、その1(大御所酒坊)

この季節、、、いや、、、もう少し早くから、、、粕汁を飲みたい衝動が収まらない

最近の食に対する趣向ですがタンメンや粕汁など少し大阪ではお店を探しにくい食べ物が好きでして、、、

ネットとは便利、「大阪・粕汁」なんてキーワードで探すといくつかお店を見つけてくれます

その一つ「大御所酒坊」店名の意味が不明ですが湯豆腐と粕汁が寒い季節の名物となっているそうです。

私は梅田でJRから阪急に乗り換えるわけですが、大御所酒坊のあるホワイティは少し阪急の駅を超えてしまいます。

まぁそれほどの距離でもないので一度行ってみよう

と言う事で来店!11月の前半ですが、いやな予感的中!!

湯豆腐はあるけど粕汁がまだないようです、、、、とほほ、、、

湯豆腐は昨今いろんなところで食べてまして無理に食べる必要もないかと思い瓶ビールと出汁巻きをオーダーしました。

f:id:yakinikujunkie:20171114115230j:plain

とりあえず瓶ビール

お店の感じとすれば地下街の通り沿いにあります間口広めで暖簾がかかってます。

店内は通りに沿って横に広い感じ奥の厨房と手前の作り置き肴スペースをぐるーっと囲むようにカウンターがあります。

お店は古い雰囲気ですが簡素で清潔な感じカウンターもきれいに拭かれています。

厨房の中央、板場の目の前にガラスケースがおいてありいろいろな肴があります

夫婦?でやっておられる感じですね

地下ですから当然駅から濡れずに行けるわけですが、一つ残念なのがすこし割高、、、

どうやら駅に近くなると値段が上がると言う事でしょうか?

瓶ビール大500円 出汁巻き2切れ300円 合計800円ナリ

 

 

 

銀座屋Go!

さてさて、電車通勤の唯一のメリット、「ちょっと呑んで帰る」がさく裂です。

さてさて、いつも言ってる銀座屋です

いつも通り一人(涙)で来店、店の兄ちゃんも私の方をみて指を1本立てます

そう、デフォルトでおひとり様と言う事がわかっているのですね

ですからカウンターの隙間とかにスルリと入れてくれます

黒ラベル~と牛タタ、スモークチキン!」とお願いしますとさっさと出てきます。

f:id:yakinikujunkie:20171114113437j:plain

黒ラベル・牛たたき・スモークチキン

私のメニューのチョイス(早メニュー)もさることながら、来店日は生ものカウンターの中がいつもの「フミヤ」君ではなく普段はホールにいるソース顔のお兄さんだったのです。

このお兄さん、仕事が早い!ホールでも客捌きがスムーズで注文をこぼさない方ですがカウンターの中でもはやいはやい!

こういった方がカウンターにいますと安心して飲んでいられますね

なぜなら頼んだ肴が来なくても、オーダーが通ってないとか忘れられてるとか心配する必要がないですから

すこし肌寒くなってきたので湯豆腐

f:id:yakinikujunkie:20171114113441j:plain

湯豆腐

さて銀座屋で長っ尻は性に合わないので、さっくりとここらでお勘定してもらってさらりと出ました。

ソース顔のお兄さん、ずーっとカウンター要員だといいのにな~

 

 

いやいや久しぶりにカチンときた!

電車通勤する私にとって、天王寺は通過駅、、、、

しかしその日はたまたま天王寺で用事があった為下車、ついでに一杯飲んでいこう!

と立ち寄ったお店が「すゑひろ」北口を出て横断歩道を渡らずに東へ行くとあります昭和の食堂をそのまま行くタイプ

古いたたずまいと店内はそのまま昭和だが、作りがシンプルな為か掃除は行き届いている。

入ったときは初老の客1名だったが、出るころにはテーブルはすべて満席になっていました。

タコ刺しに始まり、だし巻き、カレイの煮つけ、ほうれん草のお浸しほかかつ丼や中華そば、おなか一杯食べまして、、、

さてもう一軒と探していますとあべちかに「赤のれん」というお店を発見、天王寺MIOにもあるお店と同じ名前ですが系列店かな?

さてカウンターに座って10分ほどで揚げ物ラストオーダーですとの事、まぁ適当に揚げ物頼んだあとショーケースのトマトを発見!正面の調理スタッフのお兄さんに「トマトはスライス?」と聞くと

「はぁ?ほかにどんな食べ方ありますの?まるかじりします?」との返事

冗談のつもりだったのかどうかは不明ですがカッチーン

「スライス以外できないのはテメーの腕と料理の知識が無いからだろ!ボケが!」

言ってないですよ、、、、思ってますけど言ってない

でも二度と行かないお店リストの上位に入ったわけで、他の人にも行ってほしくないからブログに書きました

初見でなれなれしい店員は嫌いだし、センスの悪い冗談も嫌いです

粕汁なんて汁物は、、、、美味いじゃないか!!

子供のころ大嫌いだった料理、、粕汁

酒粕のうまさが1ミクロンもわからなかった年齢に加えて母親の粕汁が微妙だったという相乗効果でまったくと言っていいほど食べれなかった。

 

ところが洋食店を営む(もう閉店しましたが)義父の作った粕汁のおいしい事!!!洋食店にもかかわらず粕汁ばかりリクエストしていたのでした。

当然近所に住んでいましたので、その洋食店の事を知っている知り合いもたくさんいた訳で、おまけに義理の息子というととてもうらやましがられたものです。

そしてその知り合いたちはもれなく、その洋食店の粕汁の大ファンでして、お店が閉店したことによりもう味わえなくなった事がとても残念がったのです。

(閉店は経営の問題ではなく体調を崩したのが理由です、お店は芸能人も含め、タクシーの運転手さんや近所の家族連れなどとても評判がよかったです)

 

そして、粕汁難民となった私は寒い季節になると呑み屋の締めメニューやスーパーのフリーズドライ製品など欲求を満たすことなくジプシーのようにあっちウロウロこっちウロウロしているわけです。

さてそんな寒い日の朝、通勤途中の「街かど屋」では期間限定粕汁アップデート150円が始まりました。

普段は寄りませんが、この期間だけは結構朝ごはんを食べます。

「選べる朝食セット」+「粕汁に変更」で520円です

高いです、私の場合はおにぎり1個と粕汁で大丈夫なのですが、粕汁単品は注文できませんので、、、、

f:id:yakinikujunkie:20171011101911j:plain

塩サバをチョイス、ごはんはお代わり自由ですがそんなにたくさんは食べれませんので最初に卵かけごはんと海苔、少しお代わりしてサバで頂くという感じ

粕汁はたぶんレトルトかな、ですが寒い朝には温まります。

夜は新梅田食堂街の奴で粕汁があれば食べて帰ります。

あぁ~日本人でよかった