熱しやすくて冷めやすいっていろいろ損してる感じがする

お酒や気に入った物、興味のある事を何気なく書いてます

昨今の角界の不祥事について思ったこと(主観)

最初にザクっと説明しますと、私は相撲がまぁまぁ好きです、昔のほうが面白かった気がしますが、、、

アラフィフの私が学生時代から楽しみに読んでいた漫画に「のたり松太郎ちばてつや先生の漫画である。

他にも「あしたのジョー」や「おれは鉄平」という私の愛読書もちばてつや先生で相撲、剣道、ボクシングといった具合にストイックにまた面白おかしくスポーツ漫画として完成している名作ばかりである。

この「のたり松太郎」をインターネットもない時代、携帯電話さえもまだ肩から掛けていた時代に読んでいたから当然周りのひとより相撲に詳しくなる。

序の口、序二段、三段、幕下、十両、幕内、三役、横綱とか立ち合いの時間いっぱいや時間前に立つ意味、、、角度良くぶちかましてかいな(腕)を返して上手を取らせない

顔を張って頭に血を登らせる、立ち合いで後ろに構えたり、変わったり、廻しを強く締める弱く締めるなどいろいろ知った上で見ると相撲中継がとても面白く楽しめます。

そして「のたり松太郎」を読んでいますと力士たちにとって番付一枚にとても重みがあり、たった一枚でも上と下では明確に立場が分かれるのがわかります。

入門が遅くとも関取になれば先輩幕下力士が付き人となってお風呂で背中を流すこともあるのです

つまり強い=偉いというあまりにもわかりやすい世界であり、その中でも横綱は神格化されているのです。

ですから親方であっても横綱に対しては敬意を払いますし相撲界の頂点でもあるわけです。

それらを踏まえて今回の不祥事を勝手な推測を交えて考えてみます。

貴ノ岩横綱を軽視する発言をした。(これはうわさ)

貴ノ岩横綱が話をしているのに無視して携帯を操作していた。(これは微妙)

日馬富士はビール瓶で殴打した。(これは嘘でカラオケのリモコンらしい)

・翌日貴ノ岩日馬富士に謝罪した。(これは本当らしい)

・最初の診断書では貴ノ岩はそれほど重症ではなかった

 (診察した医師が重症のように報道されて驚いていると発言)

・警察は「厳重処分」の意見を付けて鳥取地検に送致したが検察は「略式起訴」で決着

 (解説では貴ノ岩側で被害者・処罰感情がつよい、示談の可能性が低いことから不起訴にはならないが傷害の程度から略式起訴になった)

とあります

・つまり傷害そのものは最初の診断書通り重症と呼ぶほどのものではなかったのでは?

・翌日謝罪していることから貴ノ岩も自らの非を一部認めているのでは?

もしこれがその通りならこんなに大問題にならないわけですね

しかしこれに貴乃花親方が黙ってなかった。

 

メディアでは相撲協会が隠ぺい体質だとかいろいろ言われてますがそんなことは当然の事であってなんもかんも公開する必要などないわけです。

相撲協会なんて角界で修行、本場所と相撲一筋にやってきた人が集まって自分たちの経験をもとに運営しているわけですからおおよそ一般人の常識が通用する場ではないのです。

理事長の八角理事長(元横綱北勝海)も自分が現役時代、下位の番付のものから無礼なふるまいなどなかったのではないでしょうか?

日馬富士が失礼なふるまいをした貴ノ岩をボコった?そんなのあたりまえだろ!」

という認識だったのではないでしょうか?

 

少なくとも一般常識からいえば障害事件ですが、相撲界では平幕ごときが横綱に無礼を働いたのだからボコられて当然と考えるのも私的には納得できるわけです。

例えば平社員が社長に無礼を働いて左遷されても文句は言えないわけですよ

お互いは日々鍛錬し強靭な精神と肉体を持ち、片方はチャンピオンともいうべき横綱ですから一般人のケンカと比較するほうが間違えています。

私が貴乃花親方を気に入らない理由はただ一点、協会批判はするのに事件についてちゃんと発言しないという事です。

「私は貴ノ岩から事件の全容をこのように聞きました、これは許せる行為ではないので警察に通報しました。」

と言えば、あぁ確かにその内容が真実ならば警察沙汰も仕方がないかな~となるかもしれませんが自分はしゃべらない、貴ノ岩にもしゃべらさないでは話にならない。

広く一般に言う必要がないというのなら、マスコミを利用した協会批判も控えるべきなのに協会批判に関してはすごく饒舌というのが気に入らない

相撲協会には相撲道に生きてきた方々相撲道をまい進するた力士たちの為に守るべき聖域がある、そこに今回の騒動をきっかけに一般人が識者きどりで批評するする姿が私には滑稽にみえて仕方がないのです

 

 

 

iPhoneのバッテリー交換プログラム対応に対して不満を言ったら反論コメント頂きました~

yakinikujunkie.hatenablog.com

yakinikujunkie.hatenablog.comというという今まさにアップルの疑惑の発端となる問題に対して書いた記事ですが、一つ目の記事でわずかながら反論コメントを頂いております。

二つ目の記事を読まれたかどうかは不明ですが一つ目のコメントとして書き込まれておりますので紹介します

一件目 マロ様

あなたはやはりクレーマー 体質だと思いますよ。と言うか、何も知らないからそんなやりとりになってしまったのもしょうがないとも思いましたが。
アップルサポートでは修理交換の予約はしてくれるところであって、アップルストアーとは分野が違うのです。だからサポートさんの対応は正しいですよ。
冷静に考えたらわかることです。
アップルサポートでは名前こそ、アップル製品のサポートではありますが、そこはテクニカルサポートですよ。交換前に色々話をするのも テクニカルでトラブル改善をまずやってみてからでないと、修理交換を拒否されてしまうからじゃないですか?

二件目 フウ様

マロさんと同じ意見です。

まず、Appleにリコール専門窓口はありません。全て一般のテクニカルサポートにつながります。

そしてこのiPhone 6sのバッテリーのREPは対象シリアルの製品全てがバッテリーの交換を必要としているわけではありません。あくまでも症状がある場合です。

ユーザーがリコール対象だから有無を言わさず交換して、ではないのです。

確かに最初に電話に出た人の対応は良くなったでしょう。苦言のひとつも言いたくなります。

ですが、誤案内についてすでに謝罪と訂正があるにもかかわらず、それ以上を要求するのはクレームなのではないかと思います。

 

お二方は別人だという前提でお話します

マロ様に関してはコメントにて反論しておりますのでそちらをお読みください

「何も知らないからそんなやりとりになってしまったのもしょうがないとも思いましたが。」

ご自分のことを棚に上げてと思いましたが冷静に反論しております。

 

フウ様に関して反論させていただきます

専用窓口と書いたのは私の落ち度ですそのほうがイメージしやすいと考えたためです。なぜそのように記載したかといいますと「バッテリー交換プログラム」の専用ページでの交換手続きの説明箇所に記載されている3つの選択肢の一つがこの問合せ先だったためです。

つまりAppleは「この問題に関する交換手続きは問合せはここに電話してね」とわざわざ記載しており、窓口ではこの件に関する問い合わせが入るとわかっているはずです。

そしてそのページに記載があるように

「交換手続きの際に Apple にて実機の検査を行い、お客様の iPhone が本プログラムの適用対象かどうか、バッテリー以外は正常に機能しているかどうかを検証させていただきますので、あらかじめご了承ください。」

つまりリコール対象だから有無を言わさず交換ではないのです、シリアル番号で対象機種かどうか?、交換作業時に再度確認?といった手法を取るわけです

仮に今回の「CPU処理速度を意図的に低下」問題が発覚しておらず、バッテリー交換対象機種で製品保証期間が過ぎるまで気が付かなかったとすればAppleは交換に応じたでしょうか?私が電話確認した際は「保証期間であればいつでも交換可能です」との返答でしたから、逆に保証期間が過ぎれば交換には応じないでしょう

ですがそれは企業として正しい姿勢なのです、そこに文句を言うつもりはさらさらありません。

だからこそ保証期間中に不良部品交換においてユーザーに無駄足させるような対応は企業の姿勢としてはおかしいのです

ちなみに「誤案内についてすでに謝罪と訂正があるにもかかわらず、それ以上を要求するのはクレームなのではないかと思います。」

私はそれ以上を要求した覚えはありません、不満を言いつつも「だったら自分で電話して確認します」と言ってます。

そもそも修理内容も予約の日程も確定しているのにその時に在庫があるかどうか不明ですって対応がおかしいとおもいませんか?

予約の日にバッテリー交換に訪れるのがわかっているならその分バッテリーを確保しておくぐらい日本の企業サポートでは普通というか基本です。

こちらは急かしているわけではありません、バッテリーがあるときに行きます、店には自分で確認します、急いでいないので来年でも構いません。

ここまで言っているわけです

ちなみに私は非常に物分かりがいいですしガンコでもありません。

納得できるコメントが頂ければすぐに考えを改めますがマロ様もフウ様もコメントが稚拙すぎて到底納得できるものではありませんので、、、、残念です

 

 

寒空の下、外で鍋料理が食べたい衝動が止まらない

最近、とても寒い日が続いていますがこうなってくると鍋料理が恋しくなります。

はっきり言って寒空の下、それなりに着込んで鍋料理を食べるというのをやりたくて仕方がありません。

当然コスパから駐車場代のかからないプレスカブに積載できるパッキングを検討し、できれば週末に実行と考えています。

まず道具から

焚き火テーブル(ユニフレーム)、ロールテーブル小(鹿番長)、折り畳み椅子

駐輪場から運搬するための折り畳みキャリア、ST-310(SOTOシングルバーナー)

カセットガス(2本予備)、偽エスビットと固形燃料、ステンレス小鍋、ヨコザワテッパン、ネイチャーストーブその他もろもろ

カブのフロントバスケットに台車、椅子、テーブル二つ、ソフトクーラーボックス(食材と酒)

無印の頑丈ボックスに他の物を詰め込んでリアキャリアに縛る

 

酒粕鍋を予定、大関の「今夜はかす汁にしませんか」

www.ozeki.co.jpを使ってみる、鍋用野菜、麺、あと安くなった鍋用の魚切り身だったり鶏もも肉や豚バラを適当に安く購入する。

エスビットはステンのソースパンで水を温めてワンカップをつけて熱燗を作ります

あと暖を取る為にネイチャーストーブで炭をおこして暖まります。

たのしそーです

ゆっくりと音楽聞きながらお酒を飲んで鍋をつつきiPadで本なんかを読みたいです。

鍋のあとはネイチャーストーブでししゃも、めざし、あたりめなんかをあぶりながらもいいですね~

 

 

 

こういうことを堂々と言っちゃう国になってきたか、、、「<財務省>公用メール「60日廃棄」継続 システム更新後も」

なにやら空恐ろしい感じがしてなりません。

堂々と証拠隠滅しますよって公言するわけですから、理由はサーバー容量だそうです。

湯水のように予算(税金)を使ってとっても大事なメールシステムに使うお金がないとの事。(きっと微々たる費用)

でも重要なメールは印刷してますよって、ほかが消えてるんだから何の説得力も感じられない。

大体60日って、、、どこの民間企業よりも短いレベル

いや実際悪意がないと60日で消そうとは思わないし、、、

日本も終わりじゃねーのってホントに思うわ

Wizardry#1が今でも最高のゲームと思っている その5

時は流れてWindows全盛期、、、Diablo2、リネージュ2なんかも少しやったウルティマオンラインなんていう懐かしいタイトルもオンラインゲームとして頑張っていたが、ふとした中古ソフト屋さんで見つけたWizardryコレクション PC-98版を収録とありました当時は何ら価値を感じない価格、、、たしか3000円しなかったと記憶していますが、今では中古で35,000円とアマゾンで高値で出品されていました。
たぶんWizには版権の問題が絡んでいるからだと思います。

Wizardry著作権で検索すれば詳細がわかると思いますがSir-Techと原作者との間で訴訟問題に発展しておりそれが影響しているといわれています。
1~5も関しては版権の所在がはっきりしないという事ですね
とにかく買うだけ買って本棚に鎮座していたソフトです、とりあえず遊び方が良くわからなかった。
私は説明書を読むタイプではないので直感で操作するのですが、、、まさかエミュレーターとは
それでも昔を思い出すのに時間はかかりませんでした。
あっと言う間にあのくらい洞窟の世界に引きずり込まれていきました、、、、
そしてボルタックが高島屋位の品揃えになった頃、自然とゲームから離れていくのでした、、、、

さて今遊んでも十分面白いWizardryですが、先ほど説明した通り非常に高価になっており手に入れるのが困難という事になります
そこで遊ぶ方法をいくつか模索してみますと
Wizardry エミュレーター」でグーグル検索しますといくつかの情報が手に入ります。
※あくまで自己責任でお願いします
ブラウザーエミュレーターで楽しむものやAppleエミュレーターを使用して楽しむものや実は無償で楽しむ方法がいくつか見つかります(見たところApple版のみですが)
※あくまで自己責任でお願いします
というのもWizの1~5は版権がややこしくて商業再販がほぼ見込めないのです
ですから海外のサイトで配布しているデータが果たして合法なのか違法なのかグレーなのですね
私は運よくPC-98版を所有しているのでいつもでも楽しめますが、この面白さを知っているのに楽しめないのはなかなかの地獄ですよね
Wizの面白さを知っている者は一定周期で無性にWizardryで遊びたくなるのです

ちなみにちょっと特徴を明記しておきますとWizardryCollection的な物にはにはApple版、IBMPC/AT版、PC-98版の三種類があるそうです

ウィザードリィコレクション Apple版とPC-98版が同じ名前で販売されていましたApple版は本付き
Ultimate Wizardry Archives PC-DOS

私がPC-98版Wizをこよなく愛するのはいくつか理由があります。
まずApple版を使うとわかるのですが操作性が悪い(不親切というかなんというか、、、)
次にApple版はモンスターに驚かされた場合に先制魔法攻撃が強烈すぎる(ある意味、死と隣り合わせを地で行く)
次にKATINOがほぼ効かない、、、、(低レベル時の心のよりどころなのに、、、)
次にお金の操作が面倒だ(POOLGOLDやDIVVYGOLDがあると強烈に便利、宿屋とかボルタックとか)

まぁいろいろと書きましたが、これからもWizardryをやったりやめたりすることになるでしょう。

ただWizardryのゲームデータだけはずーっと大事に保管し続けることになると思います

Wizardry#1が今でも最高のゲームと思っている その4

Wizを卒業した私はゲームからしばらく離れることになります。
といいますのがパソコンが我が家からなくなるからです。
当時パソコンはとても高価でしてしかも仕事と関係のない趣味でパソコンを使うにはそれなりの覚悟が必要だったのです。

次に我が家にPCが来るのは私が大学生の時、PC/AT互換機という黒船が日本に打ち寄せました。
簡単に言うとIBMが販売していたPC/ATというパソコンの規格を公開する(オープンアーキテクスチャー)によって互換機が普及することなる

IBMは本家を脅かすほどの脅威になるとは思っていなかったようだが、、、

これはペリー並みの大事件でして、前々前回書きましたが対応ソフトの多さがPCの販売数を後押しすると同時に販売数の多さが対応ソフトの充実を後押しするというヒヨコが先か卵が先かという話ですね
これまでNECはPC-88PC-98と8ビット16ビットともにメインストリームを突っ走りシャープ、富士通を蹴落としてすでに安倍政権並みに1強となっていたわけですが、そこにPC/ATという名の技術力があれば飛び込み放題という受け皿を用意してきたわけですから、、、、今NECが傾いているのは少なからずこのころのショックが影響していると私は勝手に思っています。
いずれにせよ父がマイクロソフトのフライトシュミレーターがやりたいとPC/AT互換機を購入する事となりました。
さてメーカーはパッカードベル、倍速CD-ROMとハードディスクを備えたSIMMメモリーのモデルです
CPUはDX4という今の人は「なにそれ?」というCPUだが当時はそれでも画期的だったわけですよ
ちなみに周波数は75MHZだったかな~
そもそもPCのパーツ構成を交換するとか当時は考えられなかったわけです。

何はともあれMS-DOSというOSをインストールします3.5FDDが6枚ぐらいだったと記憶しています
その後にWindows3.1をインストールします3.5FDDが10枚以上あったと思います
その後にWindows95のアップグレード版をCDでインストールします
これは社会現象にもなったのでご存知の方多いと思いますが、この当時と今とで基本的なUIが変わっていないのはすごい話ですね

そのうちペンティアム MMXペンティアムなんかが発売されて周波数も166MHZとかにアップしていってどんどん早くなっていきます
このころはまるのがDiabloです、ブリザードが販売していた海外ゲームです。
バトルネットというサーバーに接続してマルチプレイですPK(プレイヤーキラー)という言葉、チート(インチキ)という言葉もこのゲームで覚えました。
当時はそれほど厳しくなかったのです、ですからサーバーでゲームを作って待つ、入ってくる海外プレイヤーにチートアイテムをくれを言うといろいろくれました
中でもZodiacと修飾子が付くアイテムは強力でモンスターの群れの中でもほぼダメージを受けないというある意味面白くないわけです。

ところがそのころ私も就職というぬるま湯生活にピリオドを打つ時がやってきますので、そこからは仕事で汎用機を使うようになります

ゲームなんか1ミリも興味がなくなりデータベースばっかり触るようになります。
Pascalなんて動きませんからCOBOLでガリガリプログラミング、コンピューターに対する興味が急激に失われていきます、、、、、

 

Wizardry#1が今でも最高のゲームと思っている その3

この辺でWizardryについて少し説明を、、、、
前回お話しましたが、レベルアップの強くなるという事がほかのゲームと少し違う意味を持つのです。
キャラクターのレベルアップと同時にユーザーもレベルアップしていきます。
呪文のタイピングスピード、解呪(ディスペル)を含めて複合パーティのモンスターに対応した柔軟な戦術など地下9階まで降りる事ができるようになるとユーザーもかなり熟達してきます。
帰城のタイミングや立ち回りなど呪文回数に余裕ができて楽にはなりますが国産RPGの様に圧倒的な火力で死の心配がいらないという事にはなりません。
強いモンスターに遭遇するとリスクはありますが勝利する事で得られるアイテムの魅力についついもう一部屋と足を踏み入れてしまうのです。
そのうちMAZEとありますが迷路ではなくなります
何の変哲もないワイヤーフレームダンジョン風景が見覚えのある場所になるのです
何歩歩けば突き当たるか体が覚えます
そしてダンジョンでの生活が大半を占め城にあまり帰ってこなくなります。

ある雑誌(だったと思う)のWizardryの解説にこうありました。
Wizardryの魅力に取りつかれ地下迷宮で戦いに明け暮れる内にどんどん強くなり、モンスターたちから恐れられるようになる
旅の目的である地下10階にいる悪の魔法使いワードナーを倒し、伝説の魔除けを手に入れると魔除けの力に魅了され帰城して王に献上することを拒み地下奥底にとどまるようになる、そうして第二のワードナーが生まれる」的な事が書かれていまして本当にその通りだなぁと感心したものです

いずれにしてもワードナーを何度殺したかわかりません
既に100回は軽く超えています、それでもせっせと地下に潜り近くの本屋に行くようにワードナーの部屋まで行きそして倒してMALORで帰還、また潜って殺して帰還
通常ならば一度クリアしたゲームを何度もやり直すという事はないと思います
隠れキャラ、コマンド、アイテムを手に入れる為とかなら別ですがところがWizは何度でも楽しめます
なぜなのか?
このPascalという言語で書かれたゲーム、乱数による判定が非常に多く取り入れられているという点
つまりかなり運に左右される要素が多いという事とそれを受け入れるゲームスタイル(シナリオ)であるという事。
とは言っても5インチの2D1枚に入るサイズですから500kbより小さい、にも関わらず絶妙なゲームバランスと乱数を使用する事でゲームに奥行きを表現している点は素晴らしいと思います

しかしながら、そうして楽しんでいたゲームでも次第にやらなくなります。
パーティは全員HPが3桁になり、侍、ロード、忍者という戦士職プラス副業の3人にそれぞれ伝説になるような武器を装備させ、歩けば体力回復する指輪をたくさんつけて+1程度の装備はその場でポイ捨てし
ボルタックは充実、金さえ出せば最強の武器が購入可能となります
あれほど恐れたグレーターデーモンをなぶり殺し、次から次へと仲間を呼ばせてそいつもなぶり殺し
そして少しづつゲームから離れていくのでした。