熱しやすくて冷めやすいっていろいろ損してる感じがする

お酒や気に入った物、興味のある事を何気なく書いてます

ネイチャーストーブ到着!

さて、前回お話ししましたユニフレームネイチャーストーブラージですが、仕事が終わって家に帰宅すると到着しておりました!!

f:id:yakinikujunkie:20170428083645j:plain

早速オープンして中を確認しますと、、、、

f:id:yakinikujunkie:20170428083654j:plain

この付属の収納袋はペラペラの安物です

まぁ焚き火の煤で真っ黒になった物を入れるわけですから、汚れても気にならないという事でOKですね、この状態のまま持ち運びに便利な帆布の手提げ袋かなにかあればベストに思います、、、いろいろ探してみますよ

f:id:yakinikujunkie:20170428083603j:plain

袋の中はこんな感じですね、これ実は結構おさまり悪いです、まばらな大きさのものを適当に重ねてる感が丸出しで私の性格ではかなり違和感を感じます

私の性格からしてもっとシステマチックに収納できる方が好みです

実はこのネイチャーストーブラージと競合してもう一品検討していたものがあるわけです。

それが「笑’s」の「ちび火君」です

この焚き火台は火口のサイズもネイチャーLと同じぐらいで使用用途も同じように使えます、、、そしてなにより優れているのが、その収納性火皿の中にすべて収まって、最後にグリルプレートで蓋をすると素晴らしくコンパクトで「きちっ!!!」とパッケージングできます

しかし、使用すると熱による歪みがどうしても出てしまいそれの対策としてハードロストルをプラス、二次燃焼用マジックプレートをセットにするとかなりの高額!!残念ながらあきらめてしまいました。

まぁ価格以外にもネイチャーLに決めた理由があります。

実は私がよくyoutubeで見ているキャンプ動画のチャンネル主さんなのですが、「Camping Laboratory キャンラボ」という方の動画にネイチャーLがよく出ています。

旧タイプの方ですが、実に汎用性が高く、ある時は肉、焼き鳥を焼き、ある時は焚き火、ある時はオガ炭で暖房として活躍しています

もちろんシングルバーナーも駆使していろんな料理を作って楽しんでいますがとても使いやすそうに見えたのです。

 

という事でとりあえず組み立ててみます。

メッシュの底板に足を出し、左右と奥のプレートを立てます

これは蝶番で3面がつながっておりそれを開いて立てます、この際にメッシュ面の起こした足の取り付け軸が左右プレートの底部の穴にはまるようになっておりこれで固定する事になります

左右には点火用の火穴が開いておりメッシュ面にティッシュを引いてこの穴からちょこっと出しておく

その上に小枝などの火が付きやすいものを入れて火穴からティッシュに点火すると煙突効果で簡単に火が付く!!らしい!!らしい、、、

f:id:yakinikujunkie:20170428083613j:plain

そして前面パネルを取りつけます

これは若干力業になりますね、逆に前面パネルを取り付けると左右のパネルが固定されますので底面のピンが簡単に抜けなくなり完全に一体化します。

まあ、安心の構造と言えます

最後に旧タイプに比べて強靭になった五徳をのせて完成です

この五徳かさばります

 

f:id:yakinikujunkie:20170428083635j:plain

さて旧タイプと違う点ですが、まずメッシュ面下のクロスプレートがなくなっています

これは底面下を流れる風を取り込みやすくするという効果がある!となっていましたが特に必要ないのかもしれません。

次の変更点ですが前面の火口の蓋がなくなりました!これが個人的に一番残念です。

安い炭は爆ぜる時があるので蓋がついているととても安心できますね

最後はこの五徳になります、旧タイプはプレートの切り欠きを合わせてクロスに組み持ち手代わりのピアノ線を貫通させたものを上に載せていただけですが今回はかなりゴージャスになってます

普通に五徳ですね、使いやすいのは間違いないですが、、、、

という事で、ベストなモデルは新タイプに底面のクロスプレートを追加、前面プレートだけ旧タイプを使用、五徳はそのまま、、、、

とりあえず前面プレートだけでも手に入るとうれしい、ユニフレームに確認してみよう!

 

瞑想(迷走)が止まらない、、、、ユニフレーム、ネイチャーストーブラージ

さて、前回実行前に装備を見直すというお恥ずかしい話をしてしまいましたがその中で飛び出た「ユニフレーム、ネイチャーストーブラージ」に関して再度よく考えてみました。

このユニのネイチャーストーブが気になりだしたのはその汎用性なのです。

この手のガジェットを欲する理由を列挙してみると、、、まず

・コンパクトになる、、、

・広い焼き面を確保できる、、、

・焚き火、炭火、エコココロゴスといろいろ使える、、、

・冬場は暖をとれる

 

まず今持っているのが燃焼系

・シングルストーブST-310+カセットボンベ

・ポケットストーブ+カエン(固形燃料)

・ウッドバーニングストーブ+エコココロゴス

 

調理器具が

・ステンレス小鍋

・ヨコザワテッパン

・15cm焼き網

・10cmステンレスソースパン

 

肉は言わずと知れたヨコザワテッパン+ST-310で決め打ちですが、その他の料理に安価な燃料として炭を使用したいのです。

例えば

1、ウッドバーニング+炭+ソースパンでお湯 ワンカップで熱燗

2、ウッドバーニング+炭+小鍋 湯豆腐・寄せ鍋

3、ウッドバーニング+炭+焼き網 スルメ、干物

こう考えると1,2は実現可能ですが3になると火口が狭くて効率が悪い様に思えてきました。

又、焼き鳥、サンマや鮭カマ、ブリカマなんかを炭火で焼きたいと考えるとなかなかウッドバーニングでは厳しいのです。

という事でウッドバーニングストーブは2次燃焼を楽しむ火遊び道具として活用し、それに代わって火口が20cm四方のユニネイチャーストーブラージがレギュラーとなります。

当然上記1,2,3に加えて干物、焼き魚、カマ塩なんかも可能になりますがここで一つ1の熱燗用途なのです。

これは確かにすこしバランスが良くないという事でこの熱燗セットを

4、ポケットストーブ+カエンエース+ソースパンでお湯 熱燗

に変更しようと考えました。

ですがこの際にカエンの燃焼をコントロールできないか?と考えています

ベストなのは火消、調整蓋を付けたアルミの台を作成してそこにカエンを置くのがベストかと、、、、とりあえず暇を見つけて旋盤で、、、、、作ってみよう、、、、

という事で

ちりました、、、、、

届いたら又感想を書きます、、、、本当は全面の蓋がついている旧モデルがほしかったのですが、、、、、、

 

 

装備再編思案中

また、買ってしまった、、、いや安いものです

AMAZONでして、おまとめ品なので何かと一緒でないと購入できない物なのですがついついポチってしまいました。

f:id:yakinikujunkie:20170411173919j:plain

何に使うのかと言いますと、既に使っているネイチャーストーブでエコココロゴスを使用した際、せっかく煤が出ないのならスルメや干物でもあぶるのはどうだろうか、、、

と考えた次第です

 

実はYouTubeでソロキャンプ動画を見ているうちにユニフレームのネイチャーストーブラージが実は万能じゃないか?、、、などという風な考えが頭を占有し始めております

又はストームクッカーとまでは行かなくてもALCOSのCW-C05ですき焼きや寄せ鍋、湯豆腐もOKじゃないか!!!とか、、、

なんでしょうか?実践投入する前に装備を見直すというなんとも恥ずかしい事になっています

 

ウィンドスクリーン(風よけ)を加工してみた

さて、限られた火力を屋外で余すところなく効果的に使用するために必須と言われるアイテムがある。

そう、風よけですよ、、、、

この風よけはSOTOのシングルバーナーでもポケットストーブでも使えるなかなかよさげなアイテムでして、、、、お値段もピンからキリまであるうちのキリをえらびました。

さて届いた商品はさすがに素晴らしい品質とはいかないけれど、実用性は十二分

とりあえず簡単に使ってみましたところいくつか改良の余地がある点を挙げてみます

・両端の地面に刺して固定する長いピンがスルスルでケースの中に入れるときに引っかかる

・プレートを固定しているピンが丁番で刺してあるだけなので上に下に簡単に抜ける

・各プレートに細かいバリがあり、触り心地が悪い

 

という事でちょいちょい手直ししましたよ、金を掛けずに手を掛けるという事で、、、

両サイドのピンは通り道を少しラジオペンチで抑えてつぶすとOKでした。

各プレートはペーパーで軽くなでると可決

あとは各ピンですね

とりあえず3ミリ下から突き出した状態で上のラジペンでつぶします

その後ピンを6ミリほどカットして奥まで突っ込んだら下をラジペンでつぶします

はい出来上がり!

f:id:yakinikujunkie:20170331122825j:plain

つぶした部分が平たくなって折り畳み時に少し引っかかりますがまぁ問題無しです

これで高価なウィンドスクリーンにも負けないようになりました

あとは実際の風の中でしっかりと立つ様に何らかの工夫が必要かな、、、、

 

プロジェクトYUDOUFU!

さて、暑くなる前になんとかしたいと試行錯誤を繰り返しております。

と言いますのも単体ではすべてクリアしておりますが複合的にやりますとなかなかなのです。

それはどういうことかと言いますと、湯豆腐には熱燗、、、、

湯豆腐を温かいままのんびりと食したい

という事になると低コストで湯豆腐を温める設備と、低コストでお酒を温める設備が必要、とてもカセットガスのような高価な燃料を使う訳にはいかない

当然ネイチャーストーブでは煤だらけになるので、炭やエコココロゴス、、、それも高価すぎる、、、、

という事で

f:id:yakinikujunkie:20170330111038j:plain

偽エスビットポケットストーブ&ダイソー固形燃料25g×3個100円で試してみました。

リビングのテーブルの上で風もないのに風よけを立てて、、、

結果は、、、

f:id:yakinikujunkie:20170330111018j:plain

ばっちりでした~燃焼時間は30分弱、十分ですね足らなければ2個目を投入しても全然OKでしょう

最初だけシングルバーナーで温めてこちらに移せば食べる時間も十分取れますから!

あとはネイチャーストーブで熱燗を作るだけですね

そとでもあつあつの湯豆腐を快適にストレスフリーで食べる方法を検討中

さて、そろそろ湯豆腐シーズンも終わりに近づいてます(私は1年中食べますが、、)

前回の記事で紹介しましたステンレスの一人用寄せ鍋で今回は湯豆腐を楽しみました。

少し上等な豆腐を購入しまして、、1パック200円ぐらいかな、、そんなに高級でもないですね

 

f:id:yakinikujunkie:20170327103045j:plain

あとはだし昆布とシイタケをいれて具材として水菜とえのき、それにちょっとだけ動物性たんぱくをいう事で鳥のむね肉をいれてコトコトやりました。

f:id:yakinikujunkie:20170327103004j:plain

いや~うまいですね~

ワンカップをぬる燗にして、ちょいちょいやりながら豆腐と頂きました。

私、たれはポン酢派なのですが、だし醤油もおいしいかもしれません

というのもポン酢は安い豆腐でもそれなりに食べれるのですがおいしい豆腐の味がわかりにくいところがあります、濃い目の醤油ベースのタレにチョンとつけて食べた方がおいしいかも、、、、

今回は家の中でやりましたが、屋外でやる事も検討しており秘密兵器を作りました!

f:id:yakinikujunkie:20170327103025j:plain

コンテナコジーですね(保温カバー)もともと屋外でBBQなんかをやる際にいつも思っていたのが紙皿の不便さなのです、ごみが入る、風で飛ぶなど合理的に見えて実はそうでもないと常々思ってました。

それに私は焼肉のたれをあまり使わないので器がべとべとになる事もありません(ポン酢かクレイジーソルトメインなので)そんなこともありこのスクリューコンテナがベストと感じておりました。

しかし万能に見えたコンテナもせっかくの温かい食べ物が器に移した瞬間から冷め始めて、口に入るころには生ぬるい温度になってしまいます

そこで昔々雑誌で見た(モノマガだったかな、、?)アンチグラビティギアのコンテナコジーを自作しました。

当時の雑誌の紹介文ではとても軽量でフリーズドライやアルファ―米を調理、温かいまま食べる事ができる。

スタッキングすればとてもコンパクトでごみも出なくてエコロジー的な紹介だったのですが、これをマネして作ってみました。

スクリューロックコンテナも保温シートもアルミテープもすべてダイソーで購入しました、保温シート、アルミテープはまだまだ余ってますので500あれば3セット位作れます。

これ湯豆腐で試しましたが素晴らしいです、しかもスクリューロックですから食べないときは蓋をしめておけば転がっても中身がこぼれる事はありません。

現地で洗わなくても蓋をしめて持って帰れば家で洗いやすいと思います。

まだ試していませんが、頭の中で想像するだけでも楽しいです

 

 

 

スタッキングなんて言葉は最近知った、、、!

 

たまに仕事が早く終わり、たまに車で出勤していたりすると帰りにホームセンターによることがある。

まぁダイソーだったりニトリだったりもするのだが、常日頃からamazonウェブサイトをみて、これがあると快適にアウトドアで食事ができるのでは?

などと妄想していると、ホームセンターにそのものずばり現物がおいてあったりするのです。

そして現物を手に取って、重量だったり質感だったり仕上げだったりを吟味して買う事があります(これは安いものを買う時の方がその傾向がみられます。高価なものはそれなりに品質に信頼を置いているのですね無意識で、、)

本日もコーナンで見ておりますと「はっ!」と最近気にしているものを発見しました

 

f:id:yakinikujunkie:20170309080021j:plain

薄いステンレスのチリ鍋、容量は1リットルぐらいです

棒ラーメンで450ml、うまかっちゃんで550ml先日紹介したステンレスのソースパンでは素ラーメンなら何とか問題ありませんが、野菜を入れたり卵を入れたりしちゃうとあふれてしまいます。

そして、私が愛してやまない湯豆腐をする際にもベストかなと最近ずーっとマークしてました。

現物をもっていろいろ考えます。

・収納は大きい目のジップロックで大丈夫そうだ、、、、

・蓋のつまみに大きい輪ゴムをかけて一周して反対側から輪ゴムをかければ蓋は運搬時に蓋は固定可能、、、、

・取っては熱くて持てないが、くるっとロールしているところがちょうど割りばしがはいりそうなので持ち運びも問題無し

・すり切れ一杯で1Lの容量で材質はステンレス、結構軽い

はい!購入決定780円!

これで私の食器兼クッカーは今回のちり鍋、前回のソースパン、それともともと愛用している真空断熱ステンレスタンブラーの三つです。

SOTOのシングルバーナー、ウッドストーブの二つで調理ですが、シングルバーナーでお酒を温めてウッドストーブで炭を使って湯豆腐を保温する

ベストマッチではないでしょうか?

家に持ち帰りとりあえずきれいに洗剤で何度か洗い、乾燥させてからうまかっちゃんを作ってみました。

1Lの容量もあり、かなり余裕をもって作ることができました

これなら現地に袋めん、切った野菜、生卵ぐらいなら鍋にいれて持っていけそうです。

ちなみになぜステンレスの器具ばかりかと言いますとアルミの器具は体に悪そう、、、、(勝手な思い込みです、重々承知していますがなんとなくステンレスの方がおいしくできそう)