読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熱しやすくて冷めやすいっていろいろ損してる感じがする

お酒や気に入った物、興味のある事を何気なく書いてます

オピネルNo9黒染め「卍解」!!前半

オピネルというナイフをご存じですかね?

おフランス製で安価で研がないと切れないというナイフです

アウトドア道具の中に一つコロコロと放り込んでおくと何かと役に立つナイフですが、放り込んでおいていざという時に使えるようにするにはメンテが必要です。

一般的に言われるのはまず刃の素材、ステンレスか炭素鋼があるわけでして

・ステンレス・・・さびないけど切れ味がいまいち

・炭素鋼・・・・・すぐ錆びるけど上手に研げばカミソリのような切れ味

 

もう迷うことなく炭素鋼(カーボン)です

そしてこいつをなるべく錆ないように使う処理が必要なのです。

卍解」黒錆コーティングですね、とりあえずやるまえにネットでいろいろ情報を調べたところ、、、、

・ばらして処理するかばらさずに処理するか?

・持ち手の部分の処理をどうするか?

がポイントのようです

そして検討した結果「ばらさずに処理する」「持ち手の部分は処理しない」で決定しました。

理由としては刃の取り付けピンがカシメを伴う分解不可となっておりカシメ部分を飛ばしてピンを抜けばよいのですが、そうするとロックリングスライド時の凹凸の凸部分であるカシメが無くなりますからロックリングが抜ける恐れがあります

再組立て時にピンを全差しせずに一部でっぱりを残して凸部分として利用する手もあるのですがはっきり言って見返りが少ないですね

という事でロックリングは外しますがピンは外さずに処理します。

溶液は標準的なコンビニティーバックとコンビニ穀物酢を利用します

まず水600mlにティーバック4つ入れましてぐつぐつ煮ます、、、、濃いホット紅茶ができたところで穀物酢を150ml混ぜまして熱いままで処理に使います(臭い~)

ペットボトルをちょん切ってコップを作りそこに溶液を入れてナイフを付けます

可動部分までつけちゃいます。するとすぐに泡が出てきて遠目にみると黒ビールみたいになります。

f:id:yakinikujunkie:20160906112302j:plain

このまま1時間強おいて置き、いったん溶液を捨てます

750mlも作ってますから念には念を入れて2度目の処理を行います

これはもうほったらかして寝てしまう勢いで朝までおいておきました(といっても3時間程度ですが)

そしてから少し乾燥させて水洗いしますと「卍解」完了です

f:id:yakinikujunkie:20160906112305j:plain

そこそこきれいに染まりましたがいろいろと弊害がありまして、それは次回の記事にて、、、、、、