読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熱しやすくて冷めやすいっていろいろ損してる感じがする

お酒や気に入った物、興味のある事を何気なく書いてます

長谷川豊氏、、、見苦しい、、、

さて、最近話題の長谷川豊氏のブログ炎上事件。

私も興味深く動向を見守っていなのですが、長谷川氏の全面敗北といった感じですね

ブログをリアルタイムに読んでいったのですが(途中で勝手に加筆、編集をしているようです)簡単に言いますとまず最初に透析患者に関するブログでタイトルに殺せという言葉が入った

 

殺せという表現はとがった発言・強めのスラング(本人いわく)らしい

>非難を浴びると

読者を挑発、(本人曰く自己責任)透析患者に限定しているので非難はお角違い

>もっと非難を受ける、抗議文が送られる

抗議文を馬鹿にする。

>番組鋼板、BLOGOSを首

謝罪文に切り替わる

バラいろダンディも降板

全部降板ですっきりしました!謝罪文はテレビのスタッフが考えたものと発言

自身の降板には少数のネット住人が関与しており、そのせいで降板に追いやられたと言っており、その際にはテレビ局、スポンサーの高齢の重鎮たちをネットが理解できないと非難している

 

また自身のブログコメントを自身の有利に働くように選択して承認している疑惑がある

(私の書いたコメントも承認されませんでした)

ただすべての反論を承認していないかというとそうではなく、うまくバランスをとって自分を優位にするような感じ?(ゲスな奴)

 

こうやってみると、なんとなく人物像が想像できます。

・炎上商法

・異論と唱える者に対する挑発・煽りがひどい(Fujiponさんに対する煽りもひどかった)

・冷静に正論で対処されると、論点をずらして軽く謝罪、反論に対する回答もなく最後は「ああいう理性的な人が少ないんだよな~。日本って。やれやれ。」ですって

 

そして最後は弁護士という言葉をちらつかせる、、、、、、

彼の主張は一貫して

・医師の指示を無視して自堕落な生活を送った結果、透析となった患者は医療費全額負担で当然、払えなければ死んでも仕方がない

という事です

この「医師の指示を無視して自堕落な生活を送った結果」という事を何度も何度も主張するわけです。

だから、真面目に(言い方がおかしいですが)治療したが残念ながら透析になった患者さんには何ら非難していないし、今まで通り健康保険で治療を受けてくださいと言ってますよ!と主張するわけです、何度も何度も、、、、

ですが、彼のおかしなところは

例え自己責任で透析になったとしても、その患者さんを大切に思う家族・友人・知人がいるわけでして、その人たちの気持ちまで考えが及ばなかったようです

だから「医師の指示を無視して自堕落な生活を送った結果」このようなピント外れの主張を繰り返し自分の正当性を示そうとしたわけです。

愚かですね、、、、

ちなみに私の承認されなかったコメントの内容は

・長谷川氏の知り合い(友人・親族・家族)に自業自得で透析になった方がいてもあなたは死んで当然とその方に言うのですか?

・「バカ老人が病院でお茶会をするために、若者たちから金を搾取る国=日本を改善せよ! 叩きなおすべきは「社会保障給付費」だ!!」というタイトルの記事がありますが「バカ」という言葉がないと言いたい事が伝わりませんか?

 

といった内容のコメントだったのですが、承認されませんでした。

いずれにせよ長谷川氏はもうおわりでしょう、リスキーな炎上商法に手を染めた当然の末路といったところでしょうか、、、