熱しやすくて冷めやすいっていろいろ損してる感じがする

お酒や気に入った物、興味のある事を何気なく書いてます

すげー楽、このソフトスゲー!!!ホントスゲーよ!ある一点を除けば、、、

こんなソフトがある。

p.wantedly.comすばらしいソフトだと思う、精度もさることながら最大10枚まで(私は6枚しか試してませんが)一度に読み込めるという

テーブルに名刺を10枚並べてiPhoneでパシャリ!

これで10枚の名刺データがイメージとともに読み込まれてデータ化される

100枚あっても10回で済むわけです。

こんなに素晴らしいソフト、早くみんなに知らせないと、、

と他にもなにかレビューを探そうとおもってweb検索すると、、、、

あるサイトに

Wantedly Peopleに関する条項

当社は、Wantedly Peopleの利用者がWantedly Peopleで第三者の名刺を読み込んだ際に、当該利用者が当該第三者にWantedly Peopleを案内する電子メールを、当該第三者の名刺に記載されたメールアドレス宛に送信する可能性がございます。Wantedly Peopleの利用者は、上記利用規約に加えて、本条項にも同意するものとします。

2016年11月11日制定・適用

こんな恐ろし事が書いてある、、、、、ガクブル

てな事がありました。

つまり読み込んだ名刺のメアドに勝手に紹介案内メールを送るよ!承諾してね

という事です

これ少し不自然さを感じたのが「当該利用者が当該第三者にWantedly Peopleを案内する電子メールを」つまりソフトメーカーではなく利用者が送るという点

名刺データに勝手にソフトメーカーが送っては個人情報の観点から何かとややこしいのでしょう、名刺を受け取った者が送る分には問題ない!という考えですかね

どちらにせよ怪しいですよ

そうするとこの部分が変更されたという記事も発見しました。

正規サイトで確認すると今度は

Wantedly Peopleに関する条項

 

当社は、Wantedly Peopleの利用者がWantedly Peopleを案内する機能を利用して第三者に電子メール(「案内メール」)を送信することを希望する場合、当該第三者に案内メールを送信します。Wantedly Peopleの利用者は、上記利用規約に加えて、本条項にも同意するものとします。

 

2016年11月11日制定 適用
2016年11月21日改訂 適用

 これは又、意味が分からないのですこし例を挙げながら考えてみます

当社:ソフト制作会社

Wantedly People:ソフトウェア

Wantedly Peopleの利用者:呑み助

第三者:受付嬢

で置き換えて文章を読んでみますと

「ソフト制作会社は、呑み助がソフトウェアの案内をする機能を利用して受付嬢に案内メールを送信する事を希望する場合、受付嬢に案内メールを送信します。呑み助は、上記利用規約に加えて、本条項にも同意するものとします。」

はい、意味不明ですね、自分で送っているのに条項に同意ってのはなんででしょうか?

何に対して同意させられているのでしょうか?

 

日本人の会社なのになぜこのような理解できない内容の条項を、、、、、目的は?、、、、使わない方がいい?

 

いいソフトなのに悪いイメージがついて逆に残念になってますが、、、、