読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熱しやすくて冷めやすいっていろいろ損してる感じがする

お酒や気に入った物、興味のある事を何気なく書いてます

そとでもあつあつの湯豆腐を快適にストレスフリーで食べる方法を検討中

さて、そろそろ湯豆腐シーズンも終わりに近づいてます(私は1年中食べますが、、)

前回の記事で紹介しましたステンレスの一人用寄せ鍋で今回は湯豆腐を楽しみました。

少し上等な豆腐を購入しまして、、1パック200円ぐらいかな、、そんなに高級でもないですね

 

f:id:yakinikujunkie:20170327103045j:plain

あとはだし昆布とシイタケをいれて具材として水菜とえのき、それにちょっとだけ動物性たんぱくをいう事で鳥のむね肉をいれてコトコトやりました。

f:id:yakinikujunkie:20170327103004j:plain

いや~うまいですね~

ワンカップをぬる燗にして、ちょいちょいやりながら豆腐と頂きました。

私、たれはポン酢派なのですが、だし醤油もおいしいかもしれません

というのもポン酢は安い豆腐でもそれなりに食べれるのですがおいしい豆腐の味がわかりにくいところがあります、濃い目の醤油ベースのタレにチョンとつけて食べた方がおいしいかも、、、、

今回は家の中でやりましたが、屋外でやる事も検討しており秘密兵器を作りました!

f:id:yakinikujunkie:20170327103025j:plain

コンテナコジーですね(保温カバー)もともと屋外でBBQなんかをやる際にいつも思っていたのが紙皿の不便さなのです、ごみが入る、風で飛ぶなど合理的に見えて実はそうでもないと常々思ってました。

それに私は焼肉のたれをあまり使わないので器がべとべとになる事もありません(ポン酢かクレイジーソルトメインなので)そんなこともありこのスクリューコンテナがベストと感じておりました。

しかし万能に見えたコンテナもせっかくの温かい食べ物が器に移した瞬間から冷め始めて、口に入るころには生ぬるい温度になってしまいます

そこで昔々雑誌で見た(モノマガだったかな、、?)アンチグラビティギアのコンテナコジーを自作しました。

当時の雑誌の紹介文ではとても軽量でフリーズドライやアルファ―米を調理、温かいまま食べる事ができる。

スタッキングすればとてもコンパクトでごみも出なくてエコロジー的な紹介だったのですが、これをマネして作ってみました。

スクリューロックコンテナも保温シートもアルミテープもすべてダイソーで購入しました、保温シート、アルミテープはまだまだ余ってますので500あれば3セット位作れます。

これ湯豆腐で試しましたが素晴らしいです、しかもスクリューロックですから食べないときは蓋をしめておけば転がっても中身がこぼれる事はありません。

現地で洗わなくても蓋をしめて持って帰れば家で洗いやすいと思います。

まだ試していませんが、頭の中で想像するだけでも楽しいです