読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熱しやすくて冷めやすいっていろいろ損してる感じがする

お酒や気に入った物、興味のある事を何気なく書いてます

ネイチャーストーブ到着!

さて、前回お話ししましたユニフレームネイチャーストーブラージですが、仕事が終わって家に帰宅すると到着しておりました!!

f:id:yakinikujunkie:20170428083645j:plain

早速オープンして中を確認しますと、、、、

f:id:yakinikujunkie:20170428083654j:plain

この付属の収納袋はペラペラの安物です

まぁ焚き火の煤で真っ黒になった物を入れるわけですから、汚れても気にならないという事でOKですね、この状態のまま持ち運びに便利な帆布の手提げ袋かなにかあればベストに思います、、、いろいろ探してみますよ

f:id:yakinikujunkie:20170428083603j:plain

袋の中はこんな感じですね、これ実は結構おさまり悪いです、まばらな大きさのものを適当に重ねてる感が丸出しで私の性格ではかなり違和感を感じます

私の性格からしてもっとシステマチックに収納できる方が好みです

実はこのネイチャーストーブラージと競合してもう一品検討していたものがあるわけです。

それが「笑’s」の「ちび火君」です

この焚き火台は火口のサイズもネイチャーLと同じぐらいで使用用途も同じように使えます、、、そしてなにより優れているのが、その収納性火皿の中にすべて収まって、最後にグリルプレートで蓋をすると素晴らしくコンパクトで「きちっ!!!」とパッケージングできます

しかし、使用すると熱による歪みがどうしても出てしまいそれの対策としてハードロストルをプラス、二次燃焼用マジックプレートをセットにするとかなりの高額!!残念ながらあきらめてしまいました。

まぁ価格以外にもネイチャーLに決めた理由があります。

実は私がよくyoutubeで見ているキャンプ動画のチャンネル主さんなのですが、「Camping Laboratory キャンラボ」という方の動画にネイチャーLがよく出ています。

旧タイプの方ですが、実に汎用性が高く、ある時は肉、焼き鳥を焼き、ある時は焚き火、ある時はオガ炭で暖房として活躍しています

もちろんシングルバーナーも駆使していろんな料理を作って楽しんでいますがとても使いやすそうに見えたのです。

 

という事でとりあえず組み立ててみます。

メッシュの底板に足を出し、左右と奥のプレートを立てます

これは蝶番で3面がつながっておりそれを開いて立てます、この際にメッシュ面の起こした足の取り付け軸が左右プレートの底部の穴にはまるようになっておりこれで固定する事になります

左右には点火用の火穴が開いておりメッシュ面にティッシュを引いてこの穴からちょこっと出しておく

その上に小枝などの火が付きやすいものを入れて火穴からティッシュに点火すると煙突効果で簡単に火が付く!!らしい!!らしい、、、

f:id:yakinikujunkie:20170428083613j:plain

そして前面パネルを取りつけます

これは若干力業になりますね、逆に前面パネルを取り付けると左右のパネルが固定されますので底面のピンが簡単に抜けなくなり完全に一体化します。

まあ、安心の構造と言えます

最後に旧タイプに比べて強靭になった五徳をのせて完成です

この五徳かさばります

 

f:id:yakinikujunkie:20170428083635j:plain

さて旧タイプと違う点ですが、まずメッシュ面下のクロスプレートがなくなっています

これは底面下を流れる風を取り込みやすくするという効果がある!となっていましたが特に必要ないのかもしれません。

次の変更点ですが前面の火口の蓋がなくなりました!これが個人的に一番残念です。

安い炭は爆ぜる時があるので蓋がついているととても安心できますね

最後はこの五徳になります、旧タイプはプレートの切り欠きを合わせてクロスに組み持ち手代わりのピアノ線を貫通させたものを上に載せていただけですが今回はかなりゴージャスになってます

普通に五徳ですね、使いやすいのは間違いないですが、、、、

という事で、ベストなモデルは新タイプに底面のクロスプレートを追加、前面プレートだけ旧タイプを使用、五徳はそのまま、、、、

とりあえず前面プレートだけでも手に入るとうれしい、ユニフレームに確認してみよう!