熱しやすくて冷めやすいっていろいろ損してる感じがする

お酒や気に入った物、興味のある事を何気なく書いてます

ネイチャーストーブ火入れ式(大袈裟)

せっかくのゴールデンウィークですから、いろいろとテストしたい内容がありまして近くの公園(とても広い)に行ってきました。

この公園、有料BBQ場もあるのですが直火でなければ無料でBBQをできるエリアが山ほどあります。炭捨てのドラム缶やゴミ捨て場も分別すれば捨てる事が可能なのでとても環境が良いところです。

GWという事もあり普段ではありえない人の数、基本木陰にした人がいないのですが、今日は埋め尽くされています

f:id:yakinikujunkie:20170508085008j:plain

せっかくこのように良い環境なので少しでも管理の負担を減らすべく自分たちでできる事はきちっとやりたいと思います。

さて、本日のテスト内容ですが箇条書きにします

・ネイチャーストーブの火入れと火力テスト

・ウッドバーニングストーブとエコココロゴスの組み合わせによる実用性と燃焼時間

この2点がメインとなります。

その為、去年の残りになりますが炭を少しとエコココロゴスを持参

当然ヨコザワテッパンと極小焼き網(15×15cm)

食材少々(肉とウィンナーとピーマン、焼きおにぎり)

まずウッドバーニングストーブにエコココロゴスを一つ入れて着火します。

SOTOのスライドガストーチを持ってますので本当に一発簡単着火です!!

二次燃焼を期待するわけではありませんがチムニー効果で良い状態になります。

上部の五徳部分を外して網を載せてもよし、五徳を載せて鉄板を載せても良しですがエコココロゴスのみでは五徳を付けて鉄板だと少し遠火になります。

f:id:yakinikujunkie:20170508084919j:plain

焼けないわけではないです、現にウィンナーをベストな火加減で焼いて食べてましたので、逆に火加減の難しいストーブだからこそベストな組み合わせかもしれません。

次にウッドバーニングストーブに炭を入れてチャコールスターターとして使用します。

使い残りの炭なので少し湿気ていますが、逆にネイチャーストーブの燃焼効率検証には良いのではないでしょうか?

とりあえず先にネイチャーストーブをアルコールウェットティッシュできれいに拭いて脱脂します。

こうしないと手の脂が熱で焼き付いて取れなくなりますので特に気を付けてふき取ります。

そしてやっと火がついて炭をネイチャーストーブに入れ、その上から3個ほど大きな炭を入れて火が移るのを待ちます。

当日は風もなく穏やかな日だった為、火の回りがいまいちで団扇でパタパタやりましたが、それでもきっちり火が付くとなかなかの火力を発揮しました。

f:id:yakinikujunkie:20170508084907j:plain

綺麗に火入れができ表面に焼き色が付いてきました。ムラなくピンクゴールドのようなきれいな色に仕上がりました。

五徳を置いて鉄板を置きお肉を焼いたのですが正直火力強すぎで脂が焼き切れて引っ付きだしたのでウッドバーニングストーブに戻しました。

これはやはり五徳を外して一回り大きな焼き網を置いて焼き鳥だとかそっち系に使うのがベストでしょうか?

しかし使い方によってはうまく調整すれば何かと便利に使えそうです

炭だと時間当たりの燃料代が安く済みますので、それに娘の焼きマシュマロにはベストでした。