熱しやすくて冷めやすいっていろいろ損してる感じがする

お酒や気に入った物、興味のある事を何気なく書いてます

心が疲れているのかも、、、

もともとの性格が心配性という事もあります。

そして、ダメ人間という事でもあります。

この二つが重なると、馬鹿な事をして死ぬほど後悔し、それが原因で最悪の結果に見舞われるという妄想がループ思考する事でどんどん負の闇に落ちていき一人で心の中でパニックを起こすという状況です。

 

人生をやり直したいと思ったことは10回20回どころではありません。

いい生活がしたいからではないのです

ただ胸を張って堂々と生きていきたいと思っただけです

睡眠障害でそんなことばかり考えるから余計に眠れなくなります

睡魔が襲ってくるのですが眠りが浅く小刻みに寝ている感じです、ですから起きている思考と寝ている思考がごちゃ混ぜになって現実と夢の区別がつかないことがあります

先日、人を殺す夢を見ました、通常なら目が覚めて「夢で良かった~」となるわけですが、私の場合は目が覚めてからも少し考えないと現実に人を殺していないという事実にたどり着かないわけです

一人でずしーんと考えると闇に落ちていくわけですが、客観的にみるとそういった思考に至ったきっかけがほんの些細な想像だったりするわけです。

たとえば

あの言葉が気になった、もしかするとこういう事ではないだろうか、、、、

そういえば普通に感じたあの言葉にも実は裏ではこういう意味で言っているのではないだろうか?

これが無限連鎖的に起こりだしてすべての事象がつながる、そうするともう抜け出せない延々と考え続けます。

そして思考がパニックを起こし自殺という事まで引っ張り出すわけです。

心が正常な時に死というものを意識すると、死んだ後の事が主となります。

俺が死んだあと子供はどうなるのかな?友達はどう思うのかな?など自分がいなくなった後の世界が気になるのですが、、、、

パニックで死を意識すると死ぬまでの事しか考えません、楽に死ねればそれで終わり

これ以上苦しまないですむ、、、、その先は意識は行かないのですね。

こうなると生への執着が希薄になります、生きていることに対する不満しかないわけですから、、、、

少し心が疲れているのかもしれません。