熱しやすくて冷めやすいっていろいろ損してる感じがする

お酒や気に入った物、興味のある事を何気なく書いてます

Wizardry#1が今でも最高のゲームと思っている その5

時は流れてWindows全盛期、、、Diablo2、リネージュ2なんかも少しやったウルティマオンラインなんていう懐かしいタイトルもオンラインゲームとして頑張っていたが、ふとした中古ソフト屋さんで見つけたWizardryコレクション PC-98版を収録とありました当時は何ら価値を感じない価格、、、たしか3000円しなかったと記憶していますが、今では中古で35,000円とアマゾンで高値で出品されていました。
たぶんWizには版権の問題が絡んでいるからだと思います。

Wizardry著作権で検索すれば詳細がわかると思いますがSir-Techと原作者との間で訴訟問題に発展しておりそれが影響しているといわれています。
1~5も関しては版権の所在がはっきりしないという事ですね
とにかく買うだけ買って本棚に鎮座していたソフトです、とりあえず遊び方が良くわからなかった。
私は説明書を読むタイプではないので直感で操作するのですが、、、まさかエミュレーターとは
それでも昔を思い出すのに時間はかかりませんでした。
あっと言う間にあのくらい洞窟の世界に引きずり込まれていきました、、、、
そしてボルタックが高島屋位の品揃えになった頃、自然とゲームから離れていくのでした、、、、

さて今遊んでも十分面白いWizardryですが、先ほど説明した通り非常に高価になっており手に入れるのが困難という事になります
そこで遊ぶ方法をいくつか模索してみますと
Wizardry エミュレーター」でグーグル検索しますといくつかの情報が手に入ります。
※あくまで自己責任でお願いします
ブラウザーエミュレーターで楽しむものやAppleエミュレーターを使用して楽しむものや実は無償で楽しむ方法がいくつか見つかります(見たところApple版のみですが)
※あくまで自己責任でお願いします
というのもWizの1~5は版権がややこしくて商業再販がほぼ見込めないのです
ですから海外のサイトで配布しているデータが果たして合法なのか違法なのかグレーなのですね
私は運よくPC-98版を所有しているのでいつもでも楽しめますが、この面白さを知っているのに楽しめないのはなかなかの地獄ですよね
Wizの面白さを知っている者は一定周期で無性にWizardryで遊びたくなるのです

ちなみにちょっと特徴を明記しておきますとWizardryCollection的な物にはにはApple版、IBMPC/AT版、PC-98版の三種類があるそうです

ウィザードリィコレクション Apple版とPC-98版が同じ名前で販売されていましたApple版は本付き
Ultimate Wizardry Archives PC-DOS

私がPC-98版Wizをこよなく愛するのはいくつか理由があります。
まずApple版を使うとわかるのですが操作性が悪い(不親切というかなんというか、、、)
次にApple版はモンスターに驚かされた場合に先制魔法攻撃が強烈すぎる(ある意味、死と隣り合わせを地で行く)
次にKATINOがほぼ効かない、、、、(低レベル時の心のよりどころなのに、、、)
次にお金の操作が面倒だ(POOLGOLDやDIVVYGOLDがあると強烈に便利、宿屋とかボルタックとか)

まぁいろいろと書きましたが、これからもWizardryをやったりやめたりすることになるでしょう。

ただWizardryのゲームデータだけはずーっと大事に保管し続けることになると思います